良い音探求


相変わらずギターの良い音について、
アコースフィア清水さんと話をしています。

良い音を出す基礎技術や必要性は
一体どのタイミングで身につけたのかインタビューしてみると、
幼少の頃、チェロを弾いていた時だとのこと。
同じ音を一つだけ延々弾かされ、
良い音、悪い音の訓練を受けたそうです。

確かにクラシックの教育を受けた人は、
男性、女性、体格の大小関わらず、
良い音で楽器を鳴らす基礎がしっかりしていますね。

そんな流れでクラシックギタリストの山下和仁さん
が素晴らしいから聞いたほうが良い、と紹介してもらい、
演奏をYouTubeで検索してみました。
「ああ、昔この人の展覧会の絵の演奏を観たことがあるなあ。
あの時はクラシックギターさっぱり意味わかんなかったなあ。」
なんて思いながら聴いてみると、1音目で驚かされました。

あれ、こんなに大きな音で弾いて、ギターって綺麗に鳴るものだったかな?
ギターってこんなに早く弾いて、ずっと音がつながって綺麗に鳴り続ける楽器だったかな?
小さい音ってこんなにしっかり伝わるように聴こえたかな?
こんなにギターって表情豊かだったかな?

演奏を聴いているうちに
ギターってこういうものだろう、という 先入観の枠を壊されました。
山下和仁さんの演奏は
「ギターはこういったことはできないよ、ギターはここまで。」
といった無意識に作っていた枠をすべて超えていました。

出す音全部の音に意識が行き渡る、何てことが実際にあり得るんですね。
このレベルになるまでの熱量とかかった時間が一瞬で見える演奏は、
感動と同時にクラクラします。

すごい。

楽器が鳴っている


昨日の記事でピックアップの弾き比べをしたのですが
今回はアコースフィア清水敏貴さんが弾いたトラックと
同じギターで弾いた自分のトラックを比較しました。

アコースフィア清水さんのトラックでは
波形を見ると全体の帯域でしっかり音が出ているのに対し、
僕の演奏したトラックでは音量は全体的に清水さんより大きいのに
5kz以上の高音の部分があまり出てきません。

それにより清水さんのトラックは明るく抜けて聞こえ、
僕のトラックは音量が大きいのにこもって聞こえる、
という不思議な現象が起こりました。

それによってわかるのは
よく言われる「楽器が鳴っている」状態は
「音量が出る」ということではなく、
「すべての周波数帯域がしっかり鳴っている」
状態を指す、ということです。

音量が小さくても楽器を鳴らすためには、
しっかり弦に圧をかけて弾いているということですが、
その感覚を持つのは難しいです。
清水さんはその感覚をアコースティックギターや
ガットギターなどの演奏で身につけたようです。

エレキギターのような指先で弾く弾き方ではなく、
しっかり腕の重みを使って演奏する。

それを習得するためのおすすめの方法は、
とにかく100パーセントに近い音量で弾き続けることだそうです。
(実際の演奏でも70-100パーセントの音量のボリュームゾーンで弾いているそうです。)
練習では音の強弱はまず置いておいて、
しっかり大きな音で弾くこと。
楽器の振動をしっかり感じること。

そういえばブラジリアンギタリストの外園健彦さんも
ブラジルに行った時に本場のギタリストは全員音が大きくて驚いた、
と言っていました。
確かにクラシックのプレイヤーもみんな良い音を出す練習から始めますね。

楽器のポテンシャル全てを出せるような音で
弾けるように頑張ろう!

ジェームス・ヘッドフィールドのEMG-JH Setを聴き比べ!


今日はマニアック。

アコースフィア清水さんと、
ピックアップの周波数帯域テスト。

僕の所有するSeventy SevenのEXRUBATO-Custom
(http://www.deviser.co.jp/seventyseven/product/exrubato/ctm)
のノーマルピックアップでの
レコーディング中10khzから上の帯域があまり出てこなかったので、(上記映像のギターサウンド)
清水さん所有のKnaggs GuitarsのChena
(http://knaggsguitars.com/index.php/viewModel/1)
にMetallicaのジェイムズ・ヘットフィールドシグネチュア
EMG-JH Setのアクティブピックアップ
(http://www.emgpickups.com/jh-het-set.html)
をつけて聴き比べました。


(上記映像がEMG-JH Setのサウンドです。) まずはさすがEMGアクティブピックアップというところでノイズレス。
高音の帯域をあげてもノイズが乗ってこないです。
なおかつ
「ステルスルッキングで、
パッシヴピックアップの明快さとパンチのある音を捉えた
アクティブトーンピックアップは作れるかい?」
というジェイムズ・ヘットフィールドの要望通り、
意外にもパッシブピックアップに近いナチュラルなサウンド。
ナチュラルかつハイファイなので、耳に心地良いです。

またKnaggs GuitarsのChenaはフルアコということもあり、
ボディの響きがSeventy SevenのEXRUBATO-Customに比べると
大きく、その分いろいろな帯域がしっかり出てきます。

しかしながら音の系統としてはかなり似通ったところがあり、
周波数のカーブもかなり似ています。
同じ系統の音のまま、高音も低音も素直に出てくるので
ナチュラルにギターをクオリティアップするにはうってつけのピックアップかもしれません。

今回のテストで
僕はSeventy SevenのEXRUBATO-CustomにJHのピックアップを付け替えることに決めました。
音がどう変わるのか、楽しみだなあ。

lesson

人気の投稿