2012/06/30

ウクレレギター!

Acousphere Recordではただいまウクレレギターが大人気です。サイズも小さくて持ち運びし易く、ギターと比べてかなり簡単に弾ける手軽さが嬉しいプロダクトですね。

その小ささゆえにコーヒータイムの際に持ちながら弾いても会話の邪魔にならないです。ギターだとあまりにも大きく身構えてしまうのですが、ウクレレギターのサイズ感は丁度良いですね。差し詰め弦楽器界のiPadと言ったところでしょうか。(ウクレレがiPhoneで、ギターはMac book proといったところですかね。)

色々なところに持ち運べるのでそこかしこでセッションが始まるのも楽しいですね。今年の夏はウクレレやウクレレギターを持ち歩いて公園やカフェなどで演奏をしていきたいです!

2012/06/27

ウクレレカフェライブ "Isn't She Lovely" @荻窪Le CoCo 2012/6/23

2012/6/23(土)のウクレレカフェライブの映像です!

荻窪のカフェLe CoCoにて先日、ウクレレによる完全アンプラグドのアコースティックなミニライブを行いました。天気も快晴で、気持ちのよいテラスにて涼しい風を感じながらの素敵なライブとなりました。

映像はStevie Wonderの名曲Isn't She Lovelyでウクレレとウクレレギターのデュオで演奏しています。是非ご覧ください!

2012/06/26

モーションブルー10周年記念Acousphere Live!!!

みなさんこんにちは。Acoustic Sound Organizationの麻生洋平です。 僕のギターの師匠でありレーベルのオーナーでもあるAcousphereさんの1年ぶりとなるライブが今年もまたMotion Blue横浜で開催される事となりました! 

今回は弟子である僕もwith Friendsと言う事でゲスト出演させて貰います!Acousphereさん、Tuck & Pattiさんなど数多くの尊敬するアーティストが出演しているモーションブルー横浜に出演できる事、そしてAcousphereさんと競演できる事はとても光栄です。

いつかこんな舞台に立てたらと思いながらモーションブルーで数多くのライブを見てきましたが、まさか自分が立てるとは思っていませんでした。しかしAcousphereさんの「夢は叶う」と言うシンプルで心強いメッセージを信じて、ただただ音楽する事を続けてきました。そしてこのたび共演させていただけるという事になりました。このような素晴らしい機会を与えてもらえた事を感謝します。本当に信じ続ければ夢は叶うんですね! 

さらに今回は「赤レンガ倉庫開館10年記念」のスペシャルライブということで、リーズナブルなミュージックチャージでご覧になることができます。

 開館の年号2002年にかけて2,002円のミュージックチャージ! しかも日曜日開催ということですのでこの機会にぜひAcousphereさんのライブをご覧になってはいかがでしょうか。

チケットの予約は6/16からMotion Blueの電話窓口で受け付けています。 045-226-1919(Motion Blue)までお気軽にお問い合わせください。

当日の演奏は1st Set、2nd Setと2回行われますが、入れ替え制ではありませんのでどちらのSetも通しでご覧になることができます!

おいしい料理と素敵な音楽を是非楽しんでいってください!




 [ Acousphere 横浜赤レンガ倉庫開館10年記念 Special Live ]
 日時  2012年 7月15日 日曜日
 出演  Acousphere ゲスト Aerial(Ag), Acoustic Sound Organization(Ag)
 料金  2,002円
開場  4:00pm
演奏  1st-Set 5:30pm / 2nd-Set 7:30pm
予約  045-226-1919

モーションブルー横浜
http://www.motionblue.co.jp/


2012/06/24

2012/6/24(日)ウクレレクリニック終了!

本日のウクレレクリニックも無事終了しました!
お越し頂いた方々まことにありがとうございました。

今回は僕のギターの師匠であるAcousphereの奥沢さんに講師を担当して頂き、Stevie Wonderの名曲Isn't She Lovelyでモータウンのリズムをレクチャーしていきました。今回も相変わらず盛りだくさんな内容でしたがいかがだったでしょうか。

コードをスタンプで抑える方法や、右手のパターンの使い方など初心者の方からこれから先も深く学びたい方のためにも役立つ情報だったのではないかと思います。

今回も晴天にも恵まれ、様々な年齢層の方々が集まり、新しい素敵な出会いが沢山ありました。まだ次回クリニックの日程は未定ですがまた何かしらのイベントでお会いできるのを楽しみにしています!

またウクレレの個人レッスンも荻窪のアコースフィアギタースクールにて行っておりますので、もっと深く習いたい方や興味のある方はメールをお送りください!

2012/06/23

明日はウクレレクリニック!

明日、6/24(日)は荻窪のカフェ「菜の花亭」でウクレレクリニックです。おかげさまで満員です。課題曲はStevie Wonderの名曲、Isn't She Lovelyでモータウンのリズムでのクリニックを行おうと思っていますのでお楽しみに!

天気になると良いですね!

荻窪ルココのウクレレカフェライブ終了!

カフェライブ終了しました!

素敵なルココの料理とウクレレのアコースティックなライブで良い雰囲気で演奏する事が出来ました。

お越しいただいた方々、ありがとうございました!

2012/06/22

海の音楽 (ウクレレ、ハワイアン、サーフミュージック、ボサノヴァ)

ウクレレという楽器は海からの影響を多く受けた楽器だと思います。ポルトガルの移民が持ち込んだ楽器がハワイで改良され今のようなウクレレの形になり、その楽器を使って演奏される音楽もハワイアンの緩やかな波のリズムのようなハッピーでレイドバックした音楽になっています。

僕もギターを始めるきっかけとなったのはオーストラリアに留学した時に街のバーで聞いたアコギ1本で弾かれるサーフミュージックでした。おりしもJack JohnsonやDonavon Frankenreiterなどのアコースティックなサウンドを主体としたサーフミュージックが流行り出した時で、サーフィンをかじりながら浜辺で楽器演奏できるのも素敵だなと考え、街の楽器屋さんで100オーストラリアドルでギターを買ったのが音楽家へのスタートポイントになりました。

また海からの影響を多大に受けた音楽として1番の挙げられるのはボサノヴァです。ブラジルはイパネマ海岸に集まったミュージシャン仲間たちがコミュニティを形成し、世界を席巻するボサノヴァというムーブメントを作り上げました。そこでもその音楽性に寄与したのは海や波のリズムの影響です。

また南国の暖かい気候やハッピーな空気感も手伝い海からの影響を受けた音楽は、北国の寒い地域で作られた絶望的に暗いドフトエフスキーの文学などと比べ、歌詞も牧歌的でハッピーでシンプルなものが多いです。ボサノヴァで有名な「イパネマの娘」などは海岸を歩く女性の美しさを歌う(実際にモデルになった女性が存在します)シンプルな歌詞です。そのコミュニティに集まった人たちが、日がな一日ギターを触りながら、海岸線を歩くあの女の子可愛くない?なんて言いながらできたような歌詞ですね。想像すると微笑ましいです。ドフトエフスキーにも是非ハワイで休暇を取ってもらって、サーフミュージックを聴きながら本を書けばもっと明るい話を書けたかもしれませんね。

このように土地や風土からの観点で音楽を聴いていくのも楽しいと思います。暖かい地方の曲だけを集めり山からインスパイアされた音楽などが収録されたアルバムなんかも良さそうですね。ウクレレでボサノヴァをやるのもばっちりはまりそうです。

バイオリンビブラートと情報付加

ギタリストがビブラートと言われて思い浮かびがちなのは、縦に弦を振動させるチョーキングビブラートですが、ビブラートにも他にもいろいろ種類があります。弦を横に振動させるバイオリンビブラートなどはあまり使ってない方も多いのではないでしょうか。

チョーキングビブラートがブルージーに響かせる事が得意だとすれば、バイオリンビブラートはサステインを伸ばし、メロディを歌わせて演奏する事ができます。

バイオリンビブラートのやり方は左手の親指と弦を抑える側の指でネックを挟み込み、そこを支点にブランコのように手を左右に振ります。そうする事によってサステインを伸ばすことができます。

ギタリストはサステインが伸びない楽器の特性上、早弾きやトレモロ、長いフレーズを弾いて1つのノートにこだわらなくなってしまいがちです。しかしシンプルなメロディを歌わせるのは、長いフレーズを流暢に弾くよりも難しいです。ただのドレミを綺麗に鳴らすのがどれだけ難しいのか最近よく気づかされます。

1音に込める情報量は多ければ多いほどその音に説得力が出てきます。ピックはどう持って、どういう風に弦にあてるのか、サステインはどこまで伸ばすのか、ビブラートはどうかけるのか。考えるべきは山ほどあります。

そしてそのギターに与えた情報がどういう風にフィードバックして指先にかえってくるのか、そしてそのフィードバックを感じて次の音にどんな情報を付加していくのか。

僕もバイオリンビブラートという情報は知ってはいたのですが、そこまでしっかりとテクニックとして身につけてはいなかったので今更その重要性に気づかされています。一つひとつ基本に立ち返ってRe-installし直していきたいですね!

2012/06/18

アコースフィアギタースクール ミュージックパーティー at 菜の花亭

本日は菜の花亭を貸し切ってのアコースフィアギタースクールのミュージックパーティでした! 

東京都内ですが、多くの緑に囲まれた美しい入り口からすでに満員の生徒さんの気配!
天気もパーティーのスタート時間には持ち直してくれました!

また家族連れの方も多く、子供達も笑顔で楽しそう!

受付横にはまず焼き野菜のお出迎えです。

オリーブと塩で味付けしたヘルシーなウェルカムベジーズです。

講師陣のAerial池田さんやソナスクライブ林本君と井上君に焼いていただきました。
こちらはPiazzaです。オニオンやプレーン、ルッコラのピザを焼きました。

こちらは僕の担当で1ヶ月以上前から生地作りの修行をし、前日から仕込んだピザです。菜の花亭の特性トマトソースを使わせていただいているので味は保証付きです!
こちらはAcousphere奥沢さんが作ったトマトと生クリームソースのキノコスパゲティです。これは絶品でした!

またバジルの冷製パスタ、茄子のトマトソースパスタも出て色々楽しめる趣向になっていました。
芝生の庭でくつろぐ面々です。まずは全員でゆっくりとバイキング形式のご飯タイム。

お店の中でも楽しめますが、折角の天気なのできれいに手入れされたお庭で食事を楽しみます!

この日のために手入れしてきた芝生と木々、そして買い揃えた傘が美しいです。
そしていよいよ演奏タイム。生徒さん達がそれぞれ練習してきた曲を持ち寄ります!
チュニジアの夜やイパネマの娘などのスタンダード、
ボサノヴァのスタンダードなどの曲が演奏されていきます。

皆さんとても上手く、素敵ですね!
Gibson L-5でのソロギター!
ハイレベルなソロ演奏が披露されます。
Acousphereのお二人も特別出演!Waveをアップテンポで!さすがの演奏です。
アコースティックなサウンドが店内を優しい雰囲気に包み込みます。
ここではベースの登場!コンガもはいったバンドスタイルで場を盛り上げてくれます。
その日に出来上がったグループでのセッションも行われます!急ごしらえなのに素敵な演奏!
ボサノヴァの弾き語りも行われます。歌が入ると素敵!やはりブラジリアンは場を和らげてくれます。

ソロウクレレでジャズチューンの演奏!4本の弦なのにギターに負けない表現力です。
こうして美味しい食事と素敵な演奏のミュージックパーティーは大成功の内に終わりました!

お越しいただいた生徒さん、また都合で来れなかった方も、次回もパーティーを開きたいと思いますので是非お越し下さい!

また演奏された方、されなかった方も次のミュージックパーティーでパフォーマンスする事を目標にレッスンで新たな課題に取り組んでみましょう!

2012/06/15

Headwayのウクレレギター、HUG-1到着!

Acousphere RecordにHeadwayのウクレレギターHUG1が到着しました!
ヘリンボーンの装飾が目を引く美しいウクレレギターです。



ネックのスケールは17inchの14フレットジョイントで僕のUG3000KLより少し長めに感じられます。弦を留める所はピンになっていますのでボールエンドの弦を使うようですね。

トップの材は スプルースです。ヘリンボーンの装飾のおかげで実際より小振りに見えますね。



バックとサイドの材はローズウッドです。トップ、サイド、バックとギターライクな材のチョイスになっており、サウンドもさらにギター寄りの楽器になっています。

バックの装飾も綺麗ですね。



ネックはホンジュラスマホガニー、指板はエボニーです。ヘッドの形は老舗のheadwayらしくマーチンに近いです。



ポジションマークはダイアモンドインレイになっています。可愛らしいですね!


小脇に抱えるとこんな感じです。小さくて持ち運びやすいサイズですね。
小さい割に生鳴りは結構するのでアコースティックなライブなどでもそのまま使えそうです。

このサイズだとストラップ無しでウクレレのように小脇に抱えたまま演奏ができますね。かなり使い勝手の良いサイズではないでしょうか。

2012/06/13

カフェライブ at 荻窪 Le CoCo !!(Sold Out)

Sold Out!!
Le CoCoライブは完売しました!ありがとうございました。

Acoustic Sound Organizationの麻生です!
きたる6月23日(土)に急遽カフェライブをすることになりました! しかも今回は師匠のAcousphere奥沢さんにサポートしていただいてのライブになります。 場所は荻窪すずらん通り商店街にあります素敵なカフェ「ル・ココ」です。 久しぶりのライブなので楽しみですねー!

今回はウクレレとギタレレを持ち寄って、 アンプを使わないで生音だけの「フルアコースティックサウンド」でお届けします!

今回は投げ銭方式のフリーライブとさせていただきました! ミュージックチャージは無料ですので、お店でのおいしいお食事やドリンクをお楽しみください!

お店のキャパシティの都合上、定員は18名までとなっています。 要予約となっていますので、電話でお早めに予約ください! 03−3393−4147(ル・ココ)
みなさんと一緒に音楽を中心に楽しく過ごせる事を楽しみにしていますので是非おこしください!

「ウクレレ・カフェ・ライブ @荻窪ル・ココ」
日程 6月23日(土)
 時間 16:00開演
出演 麻生洋平 from Acoustic Sound Organization
奥沢茂幸 from Acousphere
料金 無料(投げ銭方式)
要予約 03−3393−4147(ル・ココ)

2012/06/11

沖縄音階

ギターで沖縄音階を使って面白いアドリブが取れないかをトライしています。ジャズなどの進行の中でコードに追われず、ひたすらにIMajの沖縄音階を使います。

沖縄音階はいわゆるドレミファソラシドのIonian scaleのレとラを抜いた5音音階、ペンタトニックです。

しかしスケールライクに弾いても、琉球音楽のリズムに乗せないと沖縄っぽく響かないです。ですのでジャズやポップスのリズムでもそれらしさを出すためにはどの音を使えばいいのかを探しています。

今のところは長いフレーズを弾くよりも少ない音数でせめる、そしてSoからTiへの3度の音の開きを上手く使うと沖縄らしさが出てくる気がします。また三線をイメージしてのビブラートも効果的ですね。

2012/06/10

スタジオ緑化中!

スタジオ緑化計画中の一環で、今年の夏の暑さ対策のためにワイヤープランツなどで緑のカーテンを作ろうと思っています。

内庭には今月行われる生徒さんのミュージックパーティーのために芝の種をまいたおかげで、美しい芝が生え揃いました。まるでふかふか絨毯みたいです。その横にはハナミズキや桜、カイヅカイブキが立ち並び、足元にはミントが草原のように生い茂ってます。

今回はバジルやオクラなどの香草や野菜も鉢植えしました。成長が楽しみです!レコーディングやレッスンの合間に土いじりで体動かすと楽しいですね。

2012/06/09

Acousphere"Go Go Girl (Acousphere Works 99-06)"発売!

Acousphereさんの1999年から2006年の音源を集めたGo Go Girl(Acousphere Works 99-06)がiTunesよりダウンロード開始されました!

 Go Go Girlのオリジナルヴァージョンや、家カフェ収録曲のオリジナルや未収録曲などバラエティに富んだアルバムになっています。Early Days of Acousphereと合わせて聴かれると初期から現在にいたるまでが聴けるのでおすすめです。

現在のGibson L5と335タイプのギターをガット弦にコンバージョンしたAcousphereの音作りとの違いを是非聴き比べてみてください。

 このアルバムでの個人的ハイライトは4、5曲目のAnd I Love HerからTrue Colorsへのつながりですね。ガットギターの優しいデュオから、スチール弦の美しいハーモニーのソロギターへの音色の変化が聴いていて心地よいです。

 視聴・購入はこちらから!

2012/06/07

Dan Ratliffウクレレオーダー中!

Dan Ratliffさんにオーダー中のウクレレの材が決まりました。
マンゴー材をオーダーして写真が届いたのですが、茶色の濃い色のチョコレートマンゴーという材です。
きれいな木目ですねー!
 どんな音になるのか今から楽しみです!

2012/06/06

ウクレレクリニックでのメールお問い合わせのお知らせ

ウクレレクリニックにメールをお送りいただいた方で、
返信が確認出来ない方は迷惑メール等に送られている可能性がありますので、
そちらの方も合わせてご確認ください。
よろしくお願いします。

2012/06/03

ウクレレギター購入!

STR guitarsとHeadwayがコラボレーションして開発したウクレレギター"UG3000KL"を購入しました!ボディはウクレレのテナーサイズぐらいでギターに5カポをはめたチューニング。ウクレレとのデュオなどに親和性の高いウクレレギターです。

ギターよりかなり小さいのでコードが押さえやすく、簡単に弾ける良いサイズの楽器です。ウクレレからギターに持ち替えたい方や、ギターは難しくて諦めてしまった方にもオススメの楽器ですね。

こちらのモデルはボディにコア材を使っているので、ウクレレライクなサウンドですが、小さいボディの割りにしっかり鳴ってくれ、レコーディングやライブにもちゃんと使えるハイエンドなウクレレギターです。

これから使い込んでレビューや作品作りをしていきたいですね!

2012/06/01

ウクレレレッスンカフェ#1 Hey Judeを弾こう!

ウクレレの初心者向けに演奏のチュートリアルやスタジオライブを行う番組"ウクレレレッスンカフェ"の第1回をYouTubeのアカウントにアップしました!今回はHey Judeのメロディと伴奏のチュートリアル映像になっています。スリーコードで簡単に弾けるアレンジになっていますので是非チャレンジしてみてください。

lesson

人気の投稿